使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - ホルモン剤と更年期障害

ホルモン剤と更年期障害

女性ホルモンは年齢を重ねると同時に、分泌量が減少していきます。女性ホルモンの減少で体がついていけず、様々な不調が現れるのが更年期障害です。更年期障害にも、ホルモン剤を使用した治療を行えば、症状を改善することができます。

ホルモン剤を使用した更年期障害の治療

更年期障害は、女性の体内で分泌されるエストロゲンとプロゲステロンの加齢による減少で、体に不調が現れる症状です。更年期障害は自然に表れるもので、症状がひどい場合はホルモン剤を使用して症状を改善します。更年期障害の治療には、ホルモン補充療法が効果的だと言われています。更年期障害のホルモン補充療法では、症状や体質に合わせてエストロゲンのみかプロゲステロンのみ、2つとも投与するかで処方されます。どの方法で処方されるかは、実際に検診を受けないとわかりません。

更年期障害の治療で使われるホルモン剤

この治療で使われるホルモン剤には、大きく3つのタイプがあります。体質や症状に合わせて、経口薬タイプ・貼付薬タイプ・塗布薬タイプが選択されます。それぞれのタイプには、エストロゲン単体もしくはプロゲステロン単体、または双方の混合薬があります。経口薬タイプにはプレマリンやエストリール、ヒスロンなどがあります。貼付薬タイプにはエストラーナテープなどがあります。塗布薬タイプにはディビケルやル・エストロジェルなどがあります。どんなホルモン剤が処方されるかは、診断によって決まります。

ホルモン剤と更年期障害 まとめ

女性ホルモンが加齢によって分泌量が減ると、更年期障害になってしまいます。症状がひどいと、ホルモン補充療法がおこなわれます。この治療で使用されるホルモン剤には、経口薬タイプ・貼付薬タイプ・塗布薬タイプが症状や体質に合わせて選択されます。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.