使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - 様々な治療に使われるホルモン剤

様々な治療に使われるホルモン剤

ホルモン剤は女性の様々な症状に対して使用され、その治療方法はホルモン補充療法と呼ばれています。月経不順や更年期障害の治療のほかに、子宮筋腫や子宮内膜症、乳がん、不妊症などの治療にも使われています。

子宮筋腫・子宮内膜症治療とホルモン剤

これらの症状は女性ホルモンの影響から、増殖あるいは肥大化していきます。そのことから、治療では月経不順の時と同様に、ホルモン剤で脳に「妊娠した」と勘違いさせ、ホルモンの分泌を止めさせます。こうすることで増殖・肥大化を抑え、症状を緩和することができます。リュープリンやプラノバールなどが使われます。

乳がん治療とホルモン剤

乳がん治療にもホルモン剤が使われます。乳がん細胞はエストロゲンに反応して増殖するので、再発や転移が起こることも考えられます。乳がんを切除した後にホルモン剤が使われます。閉経前後に関係なく使われる抗エストロゲン剤、閉経前に使われるLH-RHアゴニスト製剤、閉経後に使われるアロマターゼ阻害剤があります。

不妊治療とホルモン剤

不妊治療にもホルモン剤が使われ、不妊症で悩んでいる人の症状を改善します。排卵機能に障害があれば排卵誘発剤が使われます。着床に障害があればプロゲステロンを含むホルモン剤が使われます。不妊の原因によって、使用されるホルモン剤の種類が異なります。実際にどのタイプが使用されるかは、不妊の原因がわかれば選択されます。

様々な治療に使われるホルモン剤

子宮筋腫や子宮内膜症の治療では、増殖や肥大化を抑えることができます。乳がん治療では、閉経に合わせて種類が選択され、がん細胞の増殖を抑えます。不妊治療では、不妊の原因によって種類が異なり、排卵機能の障害なら排卵誘発剤、着床の障害ならプロゲステロンを含むホルモン剤が使用されます。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.