使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - 女性が使用するホルモン剤

女性が使用するホルモン剤

ホルモン剤は婦人科系の治療でよく使われます。女性ホルモンが配合された薬でもあり、女性特有の症状に効果があります。女性の体を最適な形でコントロールしていくには、ホルモン剤がものすごく効果があるといわれています。

女性用のホルモン剤にはどんなものがあるのか?

ホルモン剤には女性ホルモンが配合されています。女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、これらを人工的に生成してホルモン剤に配合しています。エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれ、排卵前に分泌量が増え卵胞や子宮内膜の成長を促します。プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれ、排卵後に分泌量が増え子宮内膜の厚みを維持します。女性ホルモンは整理や妊娠などの女性特有の変化をコントロールし、バランスが崩れると体に不調が現れます。ホルモン剤を使えば、人工的にホルモンを増やし、バランスを調整することができます。

どんな治療に使用されるのか?

婦人科系の症状を改善するために、ホルモン剤がよく使われます。もっとも使用されるのは、生理不順や月経前症候群、更年期障害など、生理周期に関わる不調でホルモン剤による治療方法が行われます。子宮筋腫や子宮内膜症、子宮がんや乳がんといった疾患にも使われ、不妊症の治療にも使われています。ホルモン剤の種類は症状によって使い分けられますが、体内のホルモンバランスを改善するということではホルモン療法として同じ効果があります。

女性が使用するホルモン剤 まとめ

ホルモン剤は婦人科系の症状を改善するために使われ、女性ホルモンが配合されています。エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、使用することでホルモンバランスが調整できます。生理周期に関わる不調の改善、子宮の疾患、不妊症などにホルモン療法がおこなわれます。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.