使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - バストアップとホルモン剤の関係

バストアップとホルモン剤の関係

バストアップが目的でホルモン剤を使用している女性はいるのではないでしょうか。ホルモン剤にはバストアップに効果があるといわれていますが、実際に使用するときは注意が必要なものでもあります。ホルモン剤によるバストアップの注意点を説明します。

バストアップとの関係

女性ホルモンのエストロゲンには、バスト内の乳腺を増殖させる効果があります。乳腺が増えると、その周りに脂肪を吸着させて保護しようとするため、バストアップにつながるのです。そう考えればホルモン剤を使えばいいと思われますが、ここで注意しなければいけないところがあります。ホルモン剤は医師の処方によって提供されますが、市販でもメプレートやリノラルなどのように販売されているものもあります。市販のものはすべて輸入品で、本来ホルモン剤は医師との相談により処方されるものです。

ホルモン剤の危険性

バストアップが目的でホルモン剤を使うのはよくありません。更年期障害などの症状を緩和するのに一定期間使用するのは問題ありませんが、バストアップが目的で長く使用すると、がんになる可能性があります。なので、がんになる危険性を冒してまでバストアップするのは危険ですのでやめましょう。ホルモン剤で副作用が出たという事例もあり、発疹や肩こり、頭痛、生理不順などの症状が出ることもあります。これらの副作用が出たら、今後の使用をやめたほうがいいでしょう。

バストアップとホルモン剤の関係 まとめ

エストロゲンがバストアップに効果的だということで、ホルモン剤でバストアップをする人がいます。しかし、市販のものはすべて輸入品であり、長く使用するとがんになる恐れがあります。ホルモン剤の使用で副作用が出ることもあり、発疹や肩こり、頭痛、生理不順などの症状が現れることもあり、使用には注意が必要です。

関連する記事

Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.