使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - ホルモン剤と月経

ホルモン剤と月経

女性の皆さんの中に、月経不順や月経前症候群などに悩んでいる人はいませんか。こうした症状で悩んでいる人に対して、ホルモン剤が使用されています。その中で有名なものに「ピル」があります。月経不順などの治療に使われるピルについて、様々なことを知っておくといいでしょう。

ピルとはどんなホルモン剤なのか?

ピルは月経不順や月経前症候群などの治療に使用される経口避妊薬で、ホルモン剤の一種です。ピルには女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが配合され、体内でそれらを増加させることで、脳を「妊娠した」と勘違いさせる効果があります。これにより、体内のホルモンの分泌を止める効果もあります。ピルは避妊薬としてよく知られていて、これを利用したことがある人は身の回りにいるのではないでしょうか。

ピルの種類とホルモンの配合量について

ピルは含まれているプロゲステロンの種類によって、第一世代から第三世代まで分けられます。さらに、ホルモンの配合量によってもタイプが分けられ、ホルモンの配合量が一定の一相性、配合量を徐々に増やす二相性・三相性に分かれます。第一世代のピルには、一相性のオーソM、三相性のオーソ777などがあります。第二世代にはトリキュラー(三相性)など、第三世代にはマーベロン(一相性)などがあります。

ホルモン剤と月経 まとめ

月経不順などの治療には、ピルという経口避妊薬が使用されています。ピルに含まれる女性ホルモンの効果により、体内でのホルモンの分泌を止める効果があります。ピルはプロゲステロンの種類により、第一世代から第三世代までに分けられます。ホルモンの配合量でも、一相性から三相性まで分けられます。ピルにはオーソMやトリキュラーなどの種類があります。

関連する記事

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →
Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.