使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤を服用する際は、使用方法に注意をして服用しましょう。 - 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

使用方法を間違えてはいけないホルモン剤

ホルモン剤は、正しく使用することで体に良い効果が表れます。ホルモン剤は使用方法を間違えると、体に悪い影響を及ぼしてしまいます。補充療法としても使用されているので、実際に使用するときには気を付けないといけません。

ホルモン剤の使用方法について

rthrs
ホルモン剤を補充療法で使用するときは、患者に対して必要な量やその種類を考えて服用させないといけません。患者の症状は人によって異なるので、どれが最適なのかを決めていきます。ホルモン補充療法では、患者が問診でどのような自覚症状があるのかをしっかりと伝える必要があり、医師は患者の話を聞いて正しい処方をすることが大事です。処方では、医師が患者の症状や希望に応じて、ホルモン剤の処方や治療法などについて調整していきます。
ホルモン剤は女性の体のバランスをよくするために使用されます。よく使われるホルモン剤としては、エストロゲン剤とプロゲステロン剤などがあります。これらを使い分けるなどして処方され、毎日使用するか一定期間使用するかして補充療法を行います。例えば、閉経から年数が経過している女性なら、エストロゲン剤とプロゲステロン剤の両方を毎日使用する方法が使われます。

ホルモン剤の効果が表れるとき

ホルモン剤を使用した補充療法は、効果が素早く表れる治療方法として知られています。始めてすぐ効果がわかりやすく、2週間から3か月の間に効果が表れるという人が多いです。始めてすぐに効果が表れなくても、処方通りに継続して服用すれば効果は必ず現れます。効果がすぐに表れるのは、自律神経系の症状に多いです。動悸や不眠、ホットフラッシュ(のぼせ・ほてり)などに効果があり、これらの症状がつらい人はホルモン補充療法が最適です。ホルモン剤の使用でしばらくすれば、骨や筋肉の症状やむくみなどにも効果が感じられます。
ホルモン補充療法は処方通りにやるのがいいのですが、もし飲み忘れてしまったというときはどうでしょうか。仮にホルモン剤を飲み忘れたことがあっても、体に害があるということはありません。処方通りに使わないと症状がまた出始めることもあり、効果を持続させるためには継続して飲み続けることが大事でしょう。

使用は3か月続けてみることが大事

fgxgrs
ホルモン剤は大体3か月は続けてみることが大事です。ホルモン剤に不安がある人なら、効果が弱いエストリールから始めてみましょう。効果や副作用について実際に試してみて実感し、医師と相談したうえで最適な使用方法を見つけていきます。ホルモン剤が自分の体に合わないと感じたら、使用をやめても構いません。一定期間使用して症状が改善されたら、使用をやめて様子を見て、また症状が出たらまた始めます。ずっと使い続けることもでき、海外では美容法としてホルモン剤が使われ、女性の美しさを保つために使用されています。

使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 まとめ

ホルモン補充療法を始めるときは、医師と相談したうえで始めることが大事です。問診でどんな症状があるのかを伝え、自分に合った方法を見つけていきます。補充療法は効果がすぐに表れる方法として知られ、特に自律神経系の症状ならすぐに効果が表れます。ホルモン剤の使用に関しては、使用を始めてしばらくすれば、骨や筋肉の症状やむくみなどにも効果が感じられます。飲み忘れても体に害はないので、心配はいりません。ホルモン剤は3か月続けてみることが大事です。その期間内でもし体に合わないということがあれば、使用するのをやめても構いません。症状が改善されたら使用を止め、また症状が出たら使用を始めます。ホルモン剤はずっと使い続けられるので、女性なら費用法としても使用することができます。

Copyright(C)2016 使用方法を間違えてはいけないホルモン剤 All Rights Reserved.